『みやぎ長野県人会創立百十周年記念式典・祝賀会』

 ▲平成29年6月18日、「みやぎ長野県人会創立百十周年記念式典・祝賀会」がパレス平安で行われました。▲

 用意周到な長野県人の特質を生かした記念行事実行委員会は山口一人実行委員長を中心として準備を進めてきました。18日(日曜日)には会場は参加者約100名で満員になり、式典と祝賀会が盛大かつ楽しく行われました。以下、参加できなかった長野県人会の方々と忘れやすい皆様のために会場の様子を写真と動画で再現いたします。
 

 

上左:パレス平安入り口(脇に立っているのか大巾会員)。上右:2階受付の会長と美人受付嬢の方々(男性一人は隣の受付嬢の夫、余計なことながら)


 

 

上左:開会宣言・選手宣誓(笠原副会長、選手宣誓はなかったかも) 上右:挨拶する奥山仙台市長
 代理出席でなく、ご本人自ら。来月市長選です。県人会皆で投票したいところ、立候補はしないそうです。


 

上:原稿なしの堂々たる会長挨拶。

記念撮影が行われ、祝賀会が始まりました。

  

↑恒例となった松沢節子さんとその社中による「仙台すずめ踊り」、途切れたら右の動画へ。さらに右へ。     

↑フラ&タヒチアンダンス

突然始まったフラダンス。長野県女性の美と芸術的体操に驚き、「式次第」を見たら「レイモミ小野フライスクールの皆さん」とありました。
となりの人に聞いたら、プロの先生たちとのこと。しかし親戚の親戚が長野県人で参加してくれたかも。

 

↑左、これも恒例の木曽節  ↑右 足芸

大相撲で木曾出身のミタケウミが活躍中です。御嶽山も噴火して応援していますが、横綱になれば、浅間山も噴火して、長野県中が大騒ぎになるかも。

足芸は本日最大の演目でした。カメラマンの不手際で充分に録画できなくて、大変、申し訳ありません。実は三人が大変な練習を積んで、足による人形劇をやってくれたのです。
次回の120周年記念・祝賀会には再度実演していただき、録画してお見せしたいと思います。ただしカメラマンがそれまで存命であればですが。

 

↑左 二人の「アモーレミヨ」 ↑右 疲労回復ダンス

足芸と言い、ダンスと言い、二人が祝賀会を盛り上げたいという努力には感謝状を送りたい衝動に駆られます。しかも
首を伸ばして見る人々のために全身もみほぐし体操まで用意してくれました。

  

↑左 長野県のプレスリーと女性応援団 ↑中央 ハーモニカ「ヤシの実」有賀さん ↑右 最後の全員おててつないで「故郷」の合唱

充実した記念誌も配布されました。役員の方々、ご苦労様でした。


 みやぎ長野県人会の表紙ヘ 平成21年新年会ヘ 平成22年1月31日の新年会へ それ以前の会合の様子です。

みやぎ長野県人会のホームページ

KEYWORDS:みやぎ長野県人会,みやぎ県長野県人会,宮城長野県人会,宮城県長野県人会,ミヤギ長野県人会,ミヤギ県長野県人会,宮城県,宮城,みやぎ,ミヤギ,仙台市,仙台,せんだい,センダイ,長野県,長野,ながの,ナガノ,長野県人,長野県人会,県人会,県人,, 1