「平成28年10月25日、厳美渓への旅行が行なわれました!」

 平成28年秋の旅行会開催

  今年も恒例のみやぎ長野県人会旅行会を(10月25日)、紅葉が進みつつある厳美渓(一関市厳美町)と美人の湯で名高い矢びつ温泉に計画されました。

 参加者は25名で、当日朝の仙台市上空は気持ちの良い秋晴れのなか、東北道を一目散に走る車内では数か月ぶりに再開した方々との談笑と、車窓に飛び込む紅葉が始まった山々を眺めながら何方も「ニコニコ顔」でした。
 しかし、途中から古川IC先の多重事故発生で大渋滞に巻き込まれ、やっと到着した古川ICから岩出山道の駅経由のルート変更と観光中止で、目的地の瑞泉閣に遅延した珍事となりました。
 瑞泉閣の温泉にひと浴びした後の懇親会では、「旬の昼会席膳」と幹事の山城副会長が取寄せてくれた「信州の美酒」で盛り上がり、楽しい一時を過ごせました。
 肝心の厳美渓観光は帰りの車内からでしたが、これらも振り返ると県人会旅行会始まって以来の珍しい出来事であり、別の意味でのサプライズ事として記憶に残る楽しい旅行会でした。(野神 記)

 

 


 創立100周年式典祝賀会のページへ 古い記録へ
KEYWORDS:みやぎ長野県人会,みやぎ県長野県人会,宮城長野県人会,宮城県長野県人会,ミヤギ長野県人会,ミヤギ県長野県人会,宮城県,宮城,みやぎ,ミヤギ,仙台市,仙台,せんだい,センダイ,長野県,長野,ながの,ナガノ,長野県人,長野県人会,県人会,県人,, 1